文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

風水絵画⭐︎雲海金富士鳳凰 金運仕事運アップ 高波動スピリチュアルアート,

では、どうすればいいのでしょう。

橋本不二子 白いオールドローズが入った絵,

芦屋小雁作 七転び八起き,
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はYoshifumi Matsura作 水辺の城 馬九頭

 

 

掛軸 日本画 平野 古桑 桐箱付き 日本刀 掛け軸 骨董品


絵画 ノーマンロックウェル作