文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ポロスポーツ ダウンベスト ラルフローレン,

では、どうすればいいのでしょう。

【茶道具】大徳寺大綱和尚筆 霞ヶ関にて詠む 歌 掛物 軸628,

【新品未使用 タグ付き】マンシングウェア メンズ ベスト 秋冬モデル,
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は廃番 希少レア ヴィンテージ 天童木工 乾三郎 ローズウッド板目 座卓 テーブル

 

 

葡萄にりすの彫り物のある硯石


イギリス アンティーク 折り畳みテーブル デスク 机 フランス 古道具